読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『新・児童養護施設の子どもたち 榎本由美』無料立ち読み&漫画ネタバレ

『新・児童養護施設の子どもたち 榎本由美』ネタバレや漫画の無料立ち読み

『新・児童養護施設の子どもたち』榎本由美 5話ネタバレ

『新・児童養護施設の子どもたち』榎本由美 5話ネタバレ

勝俣ハウスに住んでいた擁子ですが、

ここがとんでもない場所だったと分かる。

 

こんなところ居られないよと家を飛び出すのですが、
覆面を被った鬼婆に捕まってしまうのです。


逃げるという、許されない行為を行ったため、酷い仕打ちを受ける…


あげくの果てには、勝俣ハウスの住人から煙たがられ、

児童相談所に戻ってくる。

擁子にとっては、児童相談所が一番いい場所に思えますが、

ルール上、誰かの家へ預かってもらわなければならないのです。


そのためには、実の親「依子」と会わなければならないのです。


死ぬ寸前まで追いやられたのに、お母さんに会いたいと思ってる擁子。


職員と一緒に母に会うと、

一人の赤ん坊を抱えていたのです。


擁子は、久々に会えて嬉しい気分になる。


しかし、母親からとんでもない言葉を口パクで言われるのです…


「オマエナンデシンデナインダヨ」

「シネバヨカッタノニ」


ショックを受けすぎた擁子は、

フリーズ…


その様子をみて、ケラケラ笑っていたのです。


シャレにならないほど最低だね。この親…


職員もいい加減にしなさい!とマジ切れ状態。

今にも殴りかかりそうな勢いなのです。


ただ、虐待のことを責めても解決にならないと判断した職員が、


母親「依子」の過去をうかがうのです。


そんなの話して何になるんだい?と言いつつ、

語りはじめる。

 


依子は、だらしない母親に育てられていて、

兄弟は、ほとんど血が繋がっていないという家庭で育ったのです。


この時点で、ワケありですが、


この他にも、義理の父親にちょっかいを出されたり、嫌がらせを受けていたのです。


とうぜん、心もやさぐれてきて、不良娘となっていく。


母は、子どもの面倒などろくに見ず、依子に任せっきり。

父は暴力は振るうし、夜な夜な体を求めてくる…


そんな事があった依子ですが、


じつはもう1つ、意外な過去を持っていたのです…


もしかすると、これが虐待の原因の1つなのかもしれません。


途中で終わったので、6話の『新児童養護施設の子どもたち』で、明らかになりそうです。


『新児童養護施設の子どもたち』本編を読んでみる 

≫「まんが王国サイト」へ

『新・児童養護施設の子どもたち』で検索! 

『新・児童養護施設の子どもたち』榎本由美 5話感想

毒母「依子」の過去が、語られましたね。

彼女もいろいろ大変な思いをしてきたようです。

その点は、辛かっただろうと思いますが、


実の娘にあんな悪態をつくのは、いかがなものかと…


そう考えると、
日々ストレスを抱えながらも、 ちゃんと子育てに励んでいる人には、頭が下がります。


私はまだ子どもがいないので、子ども目線で見てしまいますが、


『新児童養護施設の子どもたち』では、親の視点からも考えさせられる物語です。

≫「『新児童養護施設の子どもたち』本編を読んでみる

『新・児童養護施設の子どもたち』で検索! 

 

 

『新・児童養護施設の子どもたち 榎本由美』無料立ち読み&漫画のネタバレ

『新・児童養護施設の子どもたち 榎本由美』無料立ち読み&漫画のネタバレ

新・児童養護施設の子どもたち

 

スマホで読めます♪

『新児童養護施設』で検索♪
【まんが王国で先行配信! 】


『新・児童養護施設の子どもたち』榎本由美 ストーリー紹介

最低、最悪の母のもとへ生まれてしまった擁子。

ゴミだめの臭い部屋に閉じ込められ、

風呂に入る事も、ご飯を食べる事もできず、

日に日に衰弱。

母の依子(よりこ)は、擁子などほったらかしで、

男を作り、妊娠までするのです。

すると、擁子が邪魔に思えてきて、家にも帰らなくなる。


お利口にしてたら、迎えに行くからね…
の言葉を頼りに待っていたのに、

全然迎えには来ないのです。

水道も止まり、いよいよ餓死寸前の状態に…

 

ネガティブな感想が多い『新児童養護施設』は、スマホ専用サイトで読めます。

(正直、見てられないシーンが多いので、読むときは自己責任でお願いします。)

『新児童養護施設の子どもたち』スマホで立ち読み

『新児童養護施設』で検索! 

『新・児童養護施設の子どもたち』榎本由美 あらすじ


「保育園は、お家とちがうことがいろいろあった」

「ご飯もオヤツもいっぱい出るところ」

「部屋の中にゴミ袋がないこと」
 
「あの虫(ゴキブリ)もいない」

主人子の擁子(ようこ)は、

保育園に通う女の子。

目もとがパッチリの可愛い子ですが、常識に欠けるのです。

彼女は、ワケありの子で、

ほとんど育児放棄されている状態。

部屋のなかは、ゴミ袋で埋めつくされ、大量のゴキブリがうじゃうじゃ…

あの部屋の汚さは、ある意味ホラーです(>_<)  

洋服もちゃんと買ってもらえず、風呂にも入れてないので、

園児から「クサイ」と嫌われるのです。

母親の依子(よりこ)は、家事を一切やらず、ご飯も作らない。


擁子は、ゴミ袋から出てきた食料を食べていたのです。

母親は威圧的で、かなり自己中。ちょっとでも機嫌が悪くなると、

「あああ、ウザい子どもなんて」

「せっかく育ててやってんのに恩知らず!わがまま!」

娘を平気で殴って、怒鳴り散らすのです。

だんだん家にも帰ってこなくなり、

お腹に赤ちゃんが…。


たまに帰ってきたと思えば、適当に買ったご飯を置いて、
居なくなるのです。


部屋から絶対に出ちゃダメだからねと言われ、ずっと守り続ける擁子。

でも、帰って来る事はなく、
ご飯も底を尽きるのです。

「食べ物もない」

「お水もない」

「のど渇いたよ…」

ガリガリに痩せこけ、骨と皮だけになった擁子

誰にも助けを求められず、追い詰められていく彼女は…

『新児童養護施設の子どもたち』続きはコチラ

『新児童養護施設』で検索♪ 

 

『新・児童養護施設の子どもたち』榎本由美 読めるサイトは?


ネガティブな世界観が渦巻く『新・児童養護施設の子どもたち』は、

スマホで読める漫画です。

配信されているサイトは、「まんが王国」で、無料の立ち読み、本編のダウンロードができます。

お手持ちのスマホ(PCは非対応)から、読みたいときに読めるので、大変便利です。

対応端末は、iPhoneAndroidで、au、ドコモ、ソフトバンクの3キャリアに対応です。

公式の「まんが王国」は、10年以上続いている老舗サイトで、

スマホで漫画を楽しむなら、欠かせないぐらい有名です。

『新・児童養護施設の子どもたち』のような女性漫画に、

作者「榎本由美」さんが手がけた作品などがほとんど読めます。

例えば、『新・児童養護施設の子どもたち』は、まんが王国の独占配信となっているので、

他で探しても見つからないのです。

もし、『新・児童養護施設の子どもたち』が見つからない方は、まんが王国へいってみて下さい。

そこに、フリーワード覧がありますので、『新児童養護施設』で検索♪

すると、『新児童養護施設の子どもたち』が出てきますので、無料の立ち読みなのか、ダウンロードなのか決めることができます。  

ヤフーやグーグルから、検索するのもありですが、ページ下のリンクからも行けます

『新児童養護施設の子どもたち』本編はコチラ

 

『新・児童養護施設の子どもたち』榎本由美 を読んでの感想

榎本由美さんの作品『新・児童養護施設の子どもたち』を読んでみた感想を書きます。

そのまま思ったことを書いていますので、多少乱暴になるかもしれません。

それでは、『新・児童養護施設の子どもたち』の感想をどうぞ。


『新・児童養護施設の子どもたち』は、漫画の始まりから、世界観に引き込まれるようなストーリーで、

印象に強く残ります。

依子の毒母ぶりが異常で不愉快になるぐらいです。

あんなのは、親ですらなく、人間でもないと思います。

大きくなったら食費がかかるから、あまり食べるなよと脅したり、

擁子をゴミ屋敷のような部屋に閉じ込めて、出てこれないようにするなど、見るに耐えないシーンがあります。


また、ゴキブリやネズミが出てくるようなゴミ屋敷で、死ぬ寸前まで追い込まれて、

ガリガリに痩せ細っているので、見てるのも辛くなります。

『新・児童養護施設の子どもたち』を読んでみると、分かると思いますが、

とにかく負の感情が渦巻いてきます。

可哀想とか、辛いとか、泣けるなどが凝縮されているので、溜まったモヤモヤを発散するには、うってつけの漫画です。

フィクションとは、分かっていても、つい感情的になるのは、『新・児童養護施設の子どもたち』ならではです。

前作の児童養護施設の子どもたちとは、異なる部分も多く、

テーマは同じでも違ったテイストで楽しめるのも漫画のポイントです。

今後、2017年の女性漫画のなかでも、注目を集めそうな作品なので、無料の立ち読みだけでもご覧になって頂きたいですね。

読みはじめから、衝撃的なイラストが出てくるので、ほとんどの方が、引き込まれると思います。

榎本由美作の『新・児童養護施設の子どもたち』は、まんが王国にて先行配信中です。 
スマホで『新・児童養護施設の子どもたち』を読みたい!そんな方は、さっそく公式サイトへアクセス♪

『新・児童養護施設の子どもたち』のダウンロードや、無料の立ち読みが可能です。

『新児童養護施設の子どもたち』を読む

『新児童養護施設』で検索! 

『新・児童養護施設の子どもたち』はスマホで先行配信中の女性漫画です。

 

『新・児童養護施設の子どもたち』榎本由美の関連漫画

榎本由美さんが手がけた『新・児童養護施設の子どもたち』関連の漫画を紹介。

1児童養護施設の子どもたち

2壊れる家庭

3地下室の旋律

4独裁者と籠の小鳥

5愛の子どもたち

6新・児童養護施設の子どもたち

7ヤバイ

8極東の血

 

『新・児童養護施設の子どもたち』 4話ネタバレ

『新・児童養護施設の子どもたち』榎本由美 4話ネタバレ

新しくやってきた勝俣ハウスにて。


元々教師をやっていた勝俣おばさんは、異常に厳しい人で、

できの悪い子には、罰のようなものを与えていたのです。


来たばかりの擁子も
そうなるだろうと思っていると、


勉強ができる子だったので、特別扱いされるように。


ただ、それをよく思っていなかった連中が、嫌がらせをしてくるのです。


なんで、こんな目にあわなければいけないの?


もうこんなところ嫌だと言って、家を飛び出すのです。

 

すると、おかめのお面をかぶった鬼婆が現れ、擁子を連れ去る。

手足を縛られ、口もテープでふさがれて、身動きできない状態。


そのまま、ゴミ屋敷に連れていかれるのです。


あたりには、大量のゴミ袋が置かれ、ゴキブリやネズミがうじゃうじゃ…

これでは、あのときと同じ…

 

当分の間、そこに閉じ込められると、

今度は、焼却炉に連れていかれるのです。

火が点けられ、灼熱地獄を浴びせられる擁子。

「ううううううっ」

あまりに苦しくて、そのまま気を失う…

もうここまでくると、犯罪レベルです😡

……


翌朝、目を覚ます擁子。

 

「かわいそうに。怖い夢を見たのねぇ」

おばさんがニヤッと薄ら笑いを浮かべながら立っていたのです。

あれが夢?嘘だっ


鬼婆の恐ろしさを知った擁子は、怖くて放心状態。

 

鬼婆にお仕置きされた子は、大抵大人しくなるはずなのに、


擁子は、あんなの変だよ!と、引く気はないのです。


これも全部、おばさんが悪いんだ!そう言って、不正を暴こうとするのです。


そうなれば、不公平な仕打ちも無くなってマシになる。


周りは乗り気でなかったのですが、擁子が囮になるのです。


わざと、おばさんが怒るような行為を繰り返していると、ついにキレる。


別室に連れていかれ、イスに縛りあげられる擁子。


そして一晩中、
拷問学習をさせられるのです。


ここだ!擁子は、持っていた携帯電話で、その様子を録音。
 
48時間ぶっ通しで英語をやらせたり、

シナイや、スタンガンを使って、眠らせないようにしてくるのです。


「知ってる?拷問で一番効くのって、眠らせないことなんですってね」

おばさんと夫の二人がかりで擁子に生き地獄を味あわせるという鬼畜ぶり。

このままだと、擁子ちゃんがヤバいです。


またまた、見ていられない展開になった『新・児童養護施設の子どもたち』ですが、

彼女の勇気ある行動は、報われるのか?気になるところです。


『新・児童養護施設の子どもたち』は「まんが王国」で限定配信中の作品です。

 

≫「まんが王国サイト」へ

『新・児童養護施設の子どもたち』で検索! 

『新・児童養護施設の子どもたち』 2巻

榎本由美『新・児童養護施設の子どもたち』 2巻

 

榎本由美作『新・児童養護施設の子どもたち』2巻の発売日は未定です。

情報が分かった時点で、詳細をお伝えしますので、今暫くお待ちください。


『新・児童養護施設の子どもたち』1巻の無料立ち読みができます。

まんが王国にて先行配信中♪


詳細はコチラ

 

 

『新・児童養護施設の子どもたち』2巻はどんな展開になるのかな?

 

「ストーリーな女たち」シリーズに収録されている
『新・児童養護施設の子どもたち』。
2巻以降は、どんな風になるのか予想を書いてみます。

『新・児童養護施設の子どもたち』のヒロイン「擁子」は、

母親から壮絶な仕打ちを受けていたことが分かり、

児童養護施設に保護されたのです。

助かって本当に良かったと、感極まるシーンでした。

ただ、児童養護施設にいれるのは、一時期と決まっているようで、

いずれは、彼女を引き取ってくれる人と暮らさなければならないのです。

 

1度だけ、擁子を引き取ってくれる人が現れたのですが、そこは問題のある場所だったので、上手くいかず…

 

やっぱり、お母さんと暮らしたい!

あんなひどい仕打ちを受けたのに、そう思っている彼女は、再びお母さんと対面するのです。


でも、あの感じだと無理かもな…というより、絶対にやめた方がいいなと思います。

 

たぶん『新・児童養護施設の子どもたち』の今後は、

引き取ってくれる場所ごとで、トラブルが起き、

擁子がヒドイ目に遭わされる展開が続いていくのかなと思います。


せめて最後くらいは、擁子に幸せになってもらいたいなぁ…

 

榎本由美さんの『新・児童養護施設の子どもたち』は、

スマホ用公式サイトで配信中です


『新・児童養護施設の子どもたち』
無料立ち読みはコチラ

『新・児童養護施設の子どもたち』で検索♪ 

 

『新・児童養護施設の子どもたち』毒母「依子」の過去

榎本由美作『新・児童養護施設の子どもたち』毒母「依子」の過去


自分の子どもにヒドイ事をしても、

何とも思わない毒母「依子(よりこ)」。


まだ幼い擁子(ようこ)に、暴力を振るったり、

ベランダから擁子をぶら下げて、ほら、落とすぞ!?

と、人間とは思えない事を平然とやるのです。


『新・児童養護施設の子どもたち』を読み進めていけばいくほど、このような事が次々でてくるので、

気分を害される方がほとんどだと思います。

フィクションとは分かっていても、つい感情的になってしまう(-_-;)


では、なぜ「依子」は、こんな事をするのか?

それは、彼女の生い立ちに関係がありそうなのです…。


『新・児童養護施設の子どもたち』
無料立ち読み

 

 

親が親なら子どもも、子ども? 毒母「依子」の過去とは?

 

ここからは、『新・児童養護施設の子どもたち』のネタバレが出てくるので知りたくない方はお控えください。


「依子(よりこ)」は、子だくさんの家庭で育った人物。

そこにいる子どものほとんどが、血のつながっていない兄妹なのです。


母親は、次々と男を変えては出産。

お金もないのに、何考えてんだよっと、依子は思っていたのです。


まだ学生の彼女は、弟たちの面倒も手伝わされて、自由な時間が取れない。

 

また、母の男に夜な夜な体を触られ、嫌な目に遭っていたのです。


誰のおかげで、飯が食えてると思ってるんだ?

と脅されているので、下手なマネはできず…。


そんな状態が長く続いたことで、荒れていくのです。


中学を出たら、弟たちのために働いてよねとも言われて、

ふざけるな!あんたが、ちゃんと働けばいいだろ!と、キレる事も。


昼から酒を飲んでいる母も、

殴るわ、体を触ってくるわの父を憎むようになり、

家を出るのです。

もう二度とあの二人には、関わらない…

鬼のような目で誓うのです。

 

その後は、結婚に出産と、幸せな家庭を手に入れたはずだったのですが、

 

予想外の不幸が、次々と起きるのです。

 


ついには、大切に育てていた赤ちゃんを失うのです…。

 

誰がどう見ても、現在の依子の事を、最低な人間だ!と思うのですが、


毒母と呼ばれる彼女にも、このような過去があったとなると、複雑な心境になりますね。


その積み重なった悪循環が、ヒロインの擁子(ようこ)に振りかかっている状態なので、


彼女が、どうやって乗り越えていくのかが気になりますね。

 

榎本由美さんの『新・児童養護施設の子どもたち』は、スマホで無料立ち読みできます。


漫画の無料立ち読みはコチラ

『新・児童養護施設の子どもたち』で検索♪ 

 

『新・児童養護施設の子どもたち』3話ネタバレ

『新・児童養護施設の子どもたち』榎本由美 3話ネタバレ

実の母親に捨てられ、児童相談所に来た擁子(ようこ)。

常識的な事を全く教わってこなかった彼女は、

非常識な事ばかりして、周りを困らせていたのです。

でも、本人には悪気がなく、なぜ怒られるのかが分からなかったのです。

だんだんストレスも溜まってきて、次第にフリーズするように。

「何、この子。気持ち悪いわ…」

しかし、一人の研修生によって、誤解が解けるのです。

その後は、歯の磨き方から、ゴミはゴミ箱に捨てるなど、1から学んでいき、

「じそう」にも慣れてくるのです。

勉強もできて、みんなからもスゴい!と称賛。


ようやく自分の居場所ができそうになった頃、

「勝俣ハウス」という場所へ行くことになるのです。

「せっかく慣れてきたのに…」


行く先に着くと、
園長の勝俣紀世子がにこやかに現れるのです。


「こんにちは!あなたが擁子ちゃん!?待ってたわ!」

ぎゅうっと抱きしめられて、

何なの?と、冷めた態度の擁子。

このハウスは、捨てられた子どもたちが、集まる場所で、
家族のような関係なのです。


元々先生だった
園長を「お母さん」と呼んで、暖かみのある空気。

でも、子どもたちの目つきを見て違和感を感じるのです。


そして、生活を共にすればするほど、違和感は増していくのです。

例えば、一人一人のご飯が違っていて、

一人は豪華なのに、一人はふりかけご飯だけなのです。


じつは、この勝俣ハウスは、ポイント制になっていて、

学校の成績が優秀な子は特別扱い、

ダメな子は、罰を受けるのです。

そのため、勉強のできない子たちは、ひどい扱いをされて納得いかないのです。


でも、児童擁護施設から新人の擁子が来たので、解放されるかもしれない…


そう思っていたのですが、

擁子は、勉強ができる子だったのです。

お母さんは、もう大喜びで、
褒美を与えて、特別扱い。

「勉強できる子は大好きよ」

「なんでも言ってね」


その様子を見て、面白くないヒビトと海里は、嫌がらせを始めるのです。

そのせいで、擁子は、

不利な状況に追いやられていく。

次第に減点されていき、お母さんも手のひらを返すようになるのです。

そしてついに、文句を言ってしまうのです。

「おばさんがポイントとか何とか変な決まり作るからいけないんだ!」

「こんなところ嫌だ!」


すると、悪魔のような顔で、一言口にするのです


「出ていくのは許さないわよ」

「私がよそでなんていわているか…」


お母さんの様子を見て、ヒビトと海里は震えあがるのです。


バイよこの状況。アレが来るよ!と、ザワつく。

彼らは、「鬼婆」が現れると言うのです。

お母さんに逆らったり、出て行こうとすると、とんでもない目に遭わされると聞く擁子。

でも、私には関係ないよと、家を出ると、

何者かに連れていかれるのです…

手足を縛られ、布を被せられた彼女はどうなるのか、

次回の『新・児童養護施設の子どもたち』が見逃せません。

 

『新・児童養護施設の子どもたち』
本編をスマホで読む

タイトルで検索! 

『新・児童養護施設の子どもたち』レビューまとめ

『新・児童養護施設の子どもたち』レビューまとめ

榎本由美さんの『新・児童養護施設の子どもたち』のレビューまとめです。

読者の方の意見をご覧になって『新・児童養護施設の子どもたち』がどんな漫画なのか
参考にしてみてください。

 

『新・児童養護施設の子どもたち』読者のレビュー

 

かなりヘビーな漫画です。
タイトルに惹かれて読んでみたのですが、
感情的に揺さぶられるようなストーリーです。

子どもは、なにも悪くないのに、ひどい目に遭わされ、親の目に怯えながら生きてるのが辛いです。


フィクションと分かっているのに、世界観にのみ込まれるような漫画です。

『新・児童養護施設の子どもたち』には、汚ないシーンや見たくないようなシーンがあるなど、どれも強烈なものばかりです。

特に、母親の人格は歪んでいて、救いようのないレベルです。


主人公が可哀想すぎるよ(>_<)

『新・児童養護施設の子どもたち』の主人公「擁子」ちゃんが切なすぎます。

親に散々な目に遭わされ死ぬ寸前までいったりとか、

戸籍がなく、存在してることになってなかったというのはヒドいです。

擁子ちゃんは、とてもいい子だから幸せになってほしいと思います。


不快になるシーンがたくさん出てきて、私には無理です。
『新・児童養護施設の子どもたち』の無料立ち読みから気になって読んだのですが、

ちょっとやり過ぎな感じが…
。途中、いい場面が出てきて、そのままでいいのに…と思っていたのですが、次々と困難が訪れてくるので、見るに耐えないです。


ここまで酷い親はいないかもだけど、現実に似たような事はありそう…

普通に考えたら、全く理解できないような話。ただ、ニュースなどを見ていると、よく聞く話だから、リアル感がある漫画です。

以上が『新・児童養護施設の子どもたち』のレビューまとめになります。

本編は、公式サイトまんが王国で読めますよ。

スマホで気軽に読めて便利です♪


『新・児童養護施設の子どもたち』 読んでみる

タイトルで検索! 

 

『新・児童養護施設の子どもたち』のいくつかのレビューを読んでみて

上記のようなレビューを載せていますが、どうでしたか?

ほとんどのレビューに、子どもが可哀想や、母親が酷すぎるといった意見が寄せられています。

人によっては、見るに耐えられず、読むのを断念した人もいるようです。

それだけ、『新・児童養護施設の子どもたち』は、過激で重い内容なので、虐待ジャンルの漫画をある程度読んでいないと、キツいと思います。

『新・児童養護施設の子どもたち』は、
まだ、1巻が配信されたばかりの新着漫画で、今後も嫌な展開がどんどん出てくると思うので、恐いもの見たさで読んでる部分もあります。

私を含め、ほとんどの読者の人が、主人公の子どもが可哀想と思うのですが、

その反面、強いなぁとも感じます。

大人から怒られるのが恐くて、フリーズ現象に陥る時があるのですが、

施設の子から嫌がらせを受けても何ともなかったり、

ダメな事はダメとはっきり言える部分は、強いと思います。

『新・児童養護施設の子どもたち』が何巻まで続くかは分かりませんが、

どんな結末になるのか、気になりますね。

 


≫榎本由美『新・児童養護施設の子どもたち』 無料立ち読み

タイトルで検索!