読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『新・児童養護施設の子どもたち 榎本由美』無料立ち読み&漫画ネタバレ

『新・児童養護施設の子どもたち 榎本由美』ネタバレや漫画の無料立ち読み

『新・児童養護施設の子どもたち』 4話ネタバレ

『新・児童養護施設の子どもたち』榎本由美 4話ネタバレ

新しくやってきた勝俣ハウスにて。


元々教師をやっていた勝俣おばさんは、異常に厳しい人で、

できの悪い子には、罰のようなものを与えていたのです。


来たばかりの擁子も
そうなるだろうと思っていると、


勉強ができる子だったので、特別扱いされるように。


ただ、それをよく思っていなかった連中が、嫌がらせをしてくるのです。


なんで、こんな目にあわなければいけないの?


もうこんなところ嫌だと言って、家を飛び出すのです。

 

すると、おかめのお面をかぶった鬼婆が現れ、擁子を連れ去る。

手足を縛られ、口もテープでふさがれて、身動きできない状態。


そのまま、ゴミ屋敷に連れていかれるのです。


あたりには、大量のゴミ袋が置かれ、ゴキブリやネズミがうじゃうじゃ…

これでは、あのときと同じ…

 

当分の間、そこに閉じ込められると、

今度は、焼却炉に連れていかれるのです。

火が点けられ、灼熱地獄を浴びせられる擁子。

「ううううううっ」

あまりに苦しくて、そのまま気を失う…

もうここまでくると、犯罪レベルです😡

……


翌朝、目を覚ます擁子。

 

「かわいそうに。怖い夢を見たのねぇ」

おばさんがニヤッと薄ら笑いを浮かべながら立っていたのです。

あれが夢?嘘だっ


鬼婆の恐ろしさを知った擁子は、怖くて放心状態。

 

鬼婆にお仕置きされた子は、大抵大人しくなるはずなのに、


擁子は、あんなの変だよ!と、引く気はないのです。


これも全部、おばさんが悪いんだ!そう言って、不正を暴こうとするのです。


そうなれば、不公平な仕打ちも無くなってマシになる。


周りは乗り気でなかったのですが、擁子が囮になるのです。


わざと、おばさんが怒るような行為を繰り返していると、ついにキレる。


別室に連れていかれ、イスに縛りあげられる擁子。


そして一晩中、
拷問学習をさせられるのです。


ここだ!擁子は、持っていた携帯電話で、その様子を録音。
 
48時間ぶっ通しで英語をやらせたり、

シナイや、スタンガンを使って、眠らせないようにしてくるのです。


「知ってる?拷問で一番効くのって、眠らせないことなんですってね」

おばさんと夫の二人がかりで擁子に生き地獄を味あわせるという鬼畜ぶり。

このままだと、擁子ちゃんがヤバいです。


またまた、見ていられない展開になった『新・児童養護施設の子どもたち』ですが、

彼女の勇気ある行動は、報われるのか?気になるところです。


『新・児童養護施設の子どもたち』は「まんが王国」で限定配信中の作品です。

 

≫「まんが王国サイト」へ

『新・児童養護施設の子どもたち』で検索!