『新・児童養護施設の子どもたち 榎本由美』無料立ち読み&漫画ネタバレ

『新・児童養護施設の子どもたち 榎本由美』ネタバレや漫画の無料立ち読み

『新・児童養護施設の子どもたち』の見てられないほど酷いシーン

『新・児童養護施設の子どもたち』の見てられないほど酷いシーン

このページでは、『新・児童養護施設の子どもたち』に登場する酷いシーンを書いていきます。

『新・児童養護施設の子どもたち』を読もうかどうか迷っている人、

負の感情が発散できるような漫画は無いかな?という方に参考になるかと。

 

『新・児童養護施設の子どもたち』の見てられないほど酷いシーン

 

注:ここからは、『新・児童養護施設の子どもたち』のネタバレがでてきます。

1、主人公の擁子が住んでいる部屋

これは、『新・児童養護施設の子どもたち』の始めから出てくるシーンです。

鳥肌が立つぐらい汚ない部屋です。

部屋中に、ゴミ袋が大量に散らばっていて、床が見えない状態。

足の踏み場も無いというのは、この事を言うのかもしれません。

コンビニかどこかで買ってきたご飯をそのまま部屋に放置するので、ゴミが山積みになっていくのです。

ゴミぐらい捨てなよ…と思うのですが、家の事は全くやらない母親なので、酷いあり様です。

特に恐ろしかったのは、大量のゴキブリ…

もう100匹とか、そんなレベルじゃないと思います。

あそこには、絶対に住めないと思うレベルです。


2、毒母のひどい人間性

これも、最初の方に出てくるのですが、

子どもを育てる気がないなら、産むんじゃないよ!!と、思うほどです。

子どもに対する愛などカケラもなく、何で生まれてきたんだっ?と暴言を吐く毒母。

威圧的で、気分屋で、平気で暴力を振るうようなタイプ。


もう書ききれないほどに、酷いので救いようが無いと思います。

久々に親子で再会したときも、

「なんで、生きてるんだ…
●ねばよかったのに…」

というセリフを口パクで吐いていたときは、言葉が出てきませんでした。


3、ガリガリに痩せ細って骨と皮だけに…

もしかすると、ここが一番見てられないシーンだと思います。

『新・児童養護施設の子どもたち』主人公「擁子」は、

理不尽に怒鳴られたり、暴力を振るわれるだけでなく、

まともにご飯も食べさせてもらえないのです。


親の残り物を食べてみたり、部屋にあるゴミ袋をあさって、食料を確保する状態が続くのです。

これ以上大きくなったら、食費がかかる。
だから、あまり食べるなよ!
と言われた事もあり、

しまいに母親は帰ってこなくなるのです。

部屋に閉じ込められ、ご飯も食べれず、水道も止まっている状態。

まるでゾンビのようになっているのは、見るに耐えないです。

 

4、鬼婆

『新・児童養護施設の子どもたち』の最後の方に出てくる
場面です。

ちょっとネタバレになりますが、


擁子は、勝俣ハウスという場所で暮らすことになるのです。

ここは、元々先生をやっていた人が、捨てられた子どもを育てる環境です。

先生をやっていたのなら安心かもしれないと思っていたら、

行き過ぎた教育を行っていたのです。

良い子(勉強できる)は特別扱い、悪い子には、罰を与えるという教育で、

「これはしつけだ!」とか言うタイプです。

鬼婆と称して、子どもに恐怖を植え付ける場面は、酷いものです。

  ≫『新・児童養護施設の子どもたち』
スマホで立ち読み

タイトルで検索!